名古屋在住の30代大家です。高利回り大家さんを目指して活動する日々を綴っています。

高利回る不動産ブログ

ボロ戸建

ボロ戸建の融資

更新日:

こんにちは、KENJIです(^^)

私が所有する物件はボロ戸建が多いのですが、ボロといえども数十万円~数百万円はする買い物です。全て現金で購入しているのかというと、そんなことはありません。

一般的には、法定耐用年数を超えており融資が難しいと思われがちなボロ戸建ですが、私は以下のような融資を利用することができています。

  • 日本政策金融公庫
     
    これは最初に岐阜市で購入した物件のリフォーム用資金として借りました。基本はDIYでリフォームしたのですが、和式トイレを洋式に変えることだけは、DIYでできませんでした。その足りない資金を妻が代表で設立したばかりの法人で借りることができました。
     
  • 保証協会を利用して地銀
     
    意外なことに地銀からも融資を受けています。近所の地銀が信用保証会の保証付きで融資してくれました。物件は昭和初期築のボロですが、諸経費を含めたオーバーローンで借りています。
    融資を受けられた理由は、建物価値は無くても土地値があるので積算がクリアできているからでしょうか。墓穴を掘りたくないので細かい理由は聞いていません。
    もしかしたら20ページを超える資料を持ってプレゼンしたのが良かったのかもしれませんが、よくわかりません。

    この地銀は、その後にもう1戸購入したボロ戸建にも融資してくれたりと、支援してくれている感が強く、ありがたい限りです。
     
  • 地銀のフリーローン
     
    禁じ手っぽいですが(笑)地銀のフリーローンも普通に利用しています。金利は7.3%と高いですが、利回りは20%越の物件しか買わないので、無担保のフリーローンで物件を購入できるなら全然OKというのが私の判断です。
    実際にキャッシュフローは残りますし、その物件は、後に別の物件を購入する時に、共担(共同担保)に使っています。

融資も調べてみると色々な機関があったり、銀行の支店によっても対応が全く違います。

ボロ戸建の融資は無理だと言う人もいくらでもいると思います。
それでも借りたいのであれば、とにかくまずは当たってみる姿勢が大切かと思います。

お問い合わせ

-ボロ戸建
-, , , , , , , ,

Copyright© 高利回る不動産ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.