名古屋在住の30代大家です。高利回り大家さんを目指して活動する日々を綴っています。

高利回る不動産ブログ

ボロ戸建

入居者さんが物件再生?!

更新日:

こんにちは、KENJIです(^^)

私が昨年購入した物件で、物件があまりにボロだったので入居者さんが再生中の戸建物件があります。

入居者さんが再生?

って、意味がわかりませんよね(^^;)
雑でスミマセン(笑)

どういうことかというと、昨年50万円で戸建を取得したのですが、室内はボロボロで壁はベコベコ、床はギシギシ、トイレは汲み取り、庭は木で鬱蒼としており、室内は残置物でモリモリという、豪華フルコースのボロ物件だったのです。

最初にこれを見た時

正直、これはいらないな・・・

と思ったのですが、不動産業者さんから、いくらなら買えるのか、とにかく価格を提示してほしいと頼まれたのです。

再建築不可のため売出価格は180万円でした。正直いらないのですが、立地は愛知県の中でも悪くないので、しっかり再生すれば客付けには困らないことは予想できました。

そこで、40万円で指値してみたところ

40万円じゃ売主さんがかわいそう。せめて海外旅行くらい行かせてあげて。

という理由で50万円まで押し戻されました。

仕方なく50万円で購入することになったのですが、リフォームする前にジモティーに載せて募集してみました。これからリフォームしてしまうので、もし今の状態でも良い方がいれば2.5万円で貸してもいいですよ。という募集内容にしました。当然残置物も片付けずにそのままの条件です。

すると驚くべきことに内覧希望が殺到することになりました。
2日間で10組の内覧があり、そのうちの1組から申し込みが入ったのです。物件の決済からわずか3日後のことでした。

その方は元々近所のアパートに住んでいたのですが、趣味がバイクいじりのため庭がある家に住みたかったとのことでした。また、友人に屋根屋さんや外壁塗装屋さん水道屋さん電気屋さんといった方がいるので、そういった方の力も借りながら古民家の風合いを活かしたリノベーションをしていきたいとのことでした。

そして入居開始から一年がたち、先日室内を見せて頂いたところ、残置物の搬出と屋根の塗装、室内の壁と床を剥がす工程が終わり、スケルトン状態になっていました。これから大工工事を入れ、トイレは下水道に接続するか簡易水洗にするか迷い中とのことでした。

大家側からすると、綺麗にしてからしか貸し出せないと、つい思いこみがちなのですが、実際はそんなことは無くて、ボロい家をそのまま安く借りたいニーズは結構あるということがわかりました。

それもあって、今では中古戸建を購入する時には、一切何もせずに貸すということを信条としています。

戸建投資・・・本当に奥が深いです・・・

お問い合わせ

-ボロ戸建
-, , , , ,

Copyright© 高利回る不動産ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.