名古屋在住の30代大家です。高利回り大家さんを目指して活動する日々を綴っています。

高利回る不動産ブログ

ボロ戸建

勝手にリフォームした犯人は?

投稿日:

こんにちは、KENJIです(^^)

今年の冬なので少し前の話ですが、昨年300万円で三重県に購入した築古戸建に住んでいる入居者さんから、一風変わった内容の連絡がありました。

こちらの物件は、築古なのですが不動産業者さんが売主の物件で、最低限のリフォームがされていました。
具体的には、畳は表替え済み、傷んだ壁は簡易的に板を貼って修繕されており、洗面化粧台と給湯器が新品になっていました。

聞くところによると、不動産屋さんの知り合いの工事業者さんとプロパンガス会社さんに頼んで、最低限ですがそのまま住める状態にまでには直したとのことでした。

この物件も、例によってリフォームはじめ一切の手をかけずに貸せそうだと思ったので購入したところ、やはり決済から一週間も経たないうちに入居が決まったのでした。

入居して頂いたのは、大企業の工場勤務の兄弟で、30代のお兄さんと20代の弟さんの2人です。
今回、連絡をしてきたのはお兄さんでした。

その日、お兄さんは仕事でしたが、弟さんがインフルエンザにかかり、二階の寝室で寝ていたそうです。
すると、一階からゴトゴトと物音がしたので様子を見に行ったら、なぜか物件の隣の家の住人が室内をリフォームしていたというのです。

壁に穴をあけたり板を張ったりコーキングを打ったりしていたので、

何してるんですか?

と聞いたところ、何かよくわからないことを言いながら立ち去ったそうで、それを聞いたお兄さんが、大家さんが工事を発注したのかもしれないと思い、私に電話をかけてきたというのです。

もちろん私はそんな工事を頼んだ覚えはないのですが、兄弟からすると気味が悪いので、一緒に隣人のところについてきてくれ、ということになり、入居者さんと一緒に隣人の家に突入することになったのです。

そして隣人に

どういうつもりなんですか?

と問いただしました。

すると隣人曰く、この物件の外壁の一部がめくれて隣人の土地に越境しており気になったので、外壁を打ち付けて直したとのことでした。
そして、その工事が室内に影響していないか気になったので、勝手に侵入して室内もリフォームしてしまったとのことでした。

隣人からすると、不法侵入というよりは

良いことをしてあげた。

という意識が強いみたいでした。

とはいえ、大切な入居者さんのプライバシーに関わることなので

今後こういうことがあった場合は、必ず許可を取ってから入ってください

と厳しく伝え、一件落着となりました。

戸建投資・・・まだまだ奥が深いです・・・

お問い合わせ

-ボロ戸建
-, , , , , , ,

Copyright© 高利回る不動産ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.