名古屋在住の30代大家です。現在アパート3棟25室、戸建賃貸3戸、戸建民泊(旅館業)1戸、レンタルスぺース11室運営中!高利回り大家さんを目指す日々を綴っています。

KENJIの高利回る不動産ブログ

レンタルスペース

立地の重要性

投稿日:

こんにちは、KENJIです(^^)

レンタルスペースを運営していくうえで、流行るかどうかの重要な一つの要素が『立地』です。

私が9室運営しているのは名古屋市ですが、ポータルサイトに登録されているスペース数を都道府県別に見ていくと、上位3位が以下の順になっています。

1位:東京
2位:大阪
3位:愛知

更に、愛知県の中でも名古屋市の登録数が80%を超えています。

やはり大都市圏の登録数がダントツに多い結果となっています。

当然、単純に登録数が多ければ良いという訳ではありません。近隣エリアにスペースが多いということは、それだけ競合も多いということになりますので、エリア内の立地や物件自体のスペックなど、慎重に検討していく必要があります。

それでも、既に大きなマーケットが出来上がっているのは間違いないわけですから、その中で出店すれば成功する可能性は十分にあるわけです。

エリアの選定と同時に重要なポイントとして

物理的に通いやすい場所かどうか

ということがあります。

私は名古屋市の中心地に住んでいまして、この9室とも自転車ですぐにかけつけられる距離にあります。そして、部屋数が多いと何かしらのトラブルが起きる可能性も高まります。
例えばゴミが放置されていたとか、電球が切れたとか、些細なものも含まれます。

そんな時に、私は自宅から何かのついでにすぐに駆け付けることができます。私が対応できない場合には、妻に出動してもらったりもしています。

もちろん、代行業者に頼んだり、うまく仕組みを作ってしまえば、遠隔地であってもスムーズな運営は可能かと思います。

その点、元から市街地に住んでいる方からすれば、いつでもスペースに駆けつけられるというのは、大きなアドバンテージになると思います。

私は元々(今でもですが)不動産投資家ですので、郊外の安い物件ばかりを探していました。車で1時間以内が「近い」という意識です。この場合、中心部に住んでいることは特にメリットではありませんでした。

レンタルスペースを運営するようになって、街中に住んでいる地の利を初めて活かせるようになったのです。

考えてみれば、都市部で高利回りの不動産投資はほとんどないですよね。
民泊やレンタルスペースに最近注目が集まっているのには、こういったところにも要因があるのかもしれませんね。

公式LINE始めました(^^)
友達登録お願いします!

友だち追加

お問い合わせ

-レンタルスペース
-, , , , ,

Copyright© KENJIの高利回る不動産ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.